追悼・松田直樹

友達が桃と葡萄を持って現れた。

私はキッチンで好きなCDを聞きながら

クリーミーコロッケの具を混ぜ始めたところだった。


ボールを抱えなが居間に向かい

「こっちにおいで~」と彼女を促した。

うん、うん、桃、美味しい~♪


「松田直樹のお母さん

直樹はとても苦しんでいました」と言ってたけれど

栄光の陰に色々あるんだろうね」

「血管がボロボロで70代だったってよ。

ヤバイって・・・自覚していたんだね」


いけないですね。

相当に無理していたのですね。

私は彼の「闘争人ー松田直樹物語」を予約してあって

連絡を待っている。

きっと一人の男の過酷な人生観

でもさ、人間一人一人

少しでも長生きするのが人生を真っ当することなんだって。

それに食生活悪かったみたい(悲)


我が家の近い場所に暮らしていたみたい。

あーあ、桃、食べさせたかったぁ~!

あーあ、コロッケ食べさせたかったぁ~!





闘争人?松田直樹物語 (SAN-EI MOOK)
三栄書房
二宮 寿朗

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闘争人?松田直樹物語 (SAN-EI MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック